30代に入ってから、抜け毛が多くなり、髪のボリュームや張りがなくなりました。

また、地肌のトラブルが多くなり、乾燥すると頭皮が痒くなり、酷いとふけがでてしまいます。

髪の毛の悩みが多くなってきたので、最近ではいろいろ気を付けてるようになりました。

お風呂に入る前に、一度ブラシで髪をとかします。これをすると適度な頭皮の油が髪の毛に馴染んで、
乾燥を防ぎます。また絡んだ髪の毛が洗う時に切れてしまわないように、整えるのも大事です。

まず、髪の毛全体にお湯をかけて、髪の毛についている埃を洗い流す。

襟足や、内側の髪もきちんと洗い流すように気をつける。これで髪の毛自体についている、埃やゴミは大体とれます。

シャンプーはノンシリコンのものを使用。

そして、髪の毛を洗う際は。髪の毛をゴシゴシ洗うのではなく、地肌を指の腹でこすり洗いすること。

その際、指が頭皮から離れないようにして洗います。こうすることで、爪で頭皮を傷つけたり、洗いすぎて必要な油分まで取ってしまわないようにするためです。

その後、髪の毛じたいははさっと撫でる程度の洗いで済ませます。

次はすすぎにはいりますが。すすぎはとくに念入りにします。シャンプーが残っていることが、頭皮のトラブルの1番の原因になってしまいます。まず全体をすすいだ後、下を向いた状態で、水を流しながら髪の毛を持ち上げ、地肌にパタパタと当てながらすすぎます。

それを、何度も繰り返し地肌についているシャンプーをきれいに洗い流します。

その後、軽くタオルドライして、洗い流すタイプのトリートメントをつけ、1分ほどですすぎます。

また、タオルドライして、次は洗い流さないタイプのトリートメントをつけて終了です。

お風呂から上がったら、すぐにドライヤーで乾かします。乾かすときは、根元からきちんと乾かすのが重要です。最後にドライヤーの冷風を髪全体にかけてあげると、艶がでるのでおすすめです。